検索

フィラリア薬はいつまでつかうのか

ある時期にしか効果がない

フィラリア薬は1か月1回飲ませるのを知っているでしょう。これは1回飲ませたら1か月効果が続くのではなく、この薬はらいふっサイクル中で1時期しか効果がない出う。かの吸血で犬に入ったフィラリアは1週間で脱皮して成長。その後さらに1カ月半~2か月ぐらいの間で脱皮しさらに成長していきます。フィラリア薬はこの間しか効き目がないです。

この期間で薬を飲ませるとフィラリアを駆除切るはず。さらにフィラリアの薬墓がさすのを予防してくれるのではなく、使用時期を間違えたら意味がありません。正しい時期に使わなければフィラリアが成長してしまって効果を得られないことはわかるはずですが、いつからいつまでに薬をつかえばいいのでしょう。

蚊が飛び始めた1か月後・最高気温15度以上になった日の1か月後。これが薬を使わないとダメな時期です。蚊が飛ばなくなったからと言ってすぐ辞めてしまってはだめで、フィラリアが犬に入ってからちょっと成長した薬の効果がある時期、使用する必要があります。暖かい地域3か月ぐらい、寒い地域は4日月ぐらいから飛びます。4~5か月ぐらいからフィラリアの薬を使う必要が出てきます。

虫を殺すもの

そして予防薬は犬の体内に入ったフィラリア幼虫を駆除する薬。室内犬だったり、高層マンション住んでれば、タイミングがわかりづらいことがあります。また、基本的に蟹より虫が体内に入って、血管を循環しながら心臓に虫が湧く病気。居間で回っているフィラリアの薬はこの虫によくきくものです。薬を飲むから刺されないということではなくて血管内に入った虫を殺すので、蚊が発生しない次の月まで飲まさなくては効果が出ません。

地域的発生状況もありますから、いつまでかというのは難しい出そう。大阪でも11月までのところもあったりします。シーズン途中でやめて、最後まで飲まなかったら、最後のところが駆除できず殺しそこなった詩が成長して、感染成立といったこともあります。

虫を体内からこそ酢者として利用し続けてみましょう。

ネクスガード効果サービスドットコムTOPへ

ページ上に戻る