検索

フィラリアは薬をつかうのがだいじで診察をして下さい

抗体を調べるために直接法、抗原検査法等名前で見れば難しい感じですが、フィラリアは親、子がいるのですが、成虫と呼ばれる糸状の寄生虫で、病気症状の原因になるのが親。犬の血液中にいるミクロフィラリアが子。

親は採決時、注射針を通って出てくるわけにいかず、抗体を調べる検査になります。金額は抗原検査は費用が若干高くなり、2,000~3,000円の範囲が相場。

フィラリア検査は、受信する前必ず電話で確認を。フィラリア薬をもらいに行くので、検査以外に薬代をしっかり持っていってください。そして、成虫抗原検査法ですが、フィラリア成虫が出す分泌物を化学反応を利用し検査する方法もありますが、これは幼虫検出ができなくて、成長し親になったフィラリアのメスが出す抗原を検査してるから。

フィラリアに感染し半年以上ったって、成虫が心臓に寄生してる状況で、この検査の対象になり、予防のための検査でなく、これは生後半年以前の幼い犬に無意味なもの。犬の体内でフィラリア幼虫が成虫になるには半年かかります。この検査法で養正なら、予防薬を投与しても意味がなく、予防薬はフィラリア成虫を駆除できません。そして治療矢ウKが必要で、この検査法はフィラリア予防と全く関係がなく、フィラリア症が進行して重傷で、治療薬で成虫を駆除する必要があります。

いるかいないかは

血液検査で感染有無を確認しないで予防薬を飲ませるのは危険で、予防薬をのませる前、しっかりフィラリア検査と健康診断を受けてください。

成虫抗原検査が因性なら、検査法の検出率9割で、フィラリア成虫がほぼいないとみていいです。ですが、幼虫はいるいる・いないはこの検査では判定できません。

獣医は血液検査した犬にフィラリア幼虫がいようがいまいが関係なく、予防薬を犬にとうっよするのか、何のために血液検査するのかなど疑問があります。

獣医の中に血液検査をフィラフィア予防のための検査とうそいってる人もいたりして、騙されないようにしてください。

紛らわしいことですが理解してください。

ネクスガード効果サービスドットコムTOPへ

ページ上に戻る