検索

フィラリアの薬以外にも診察で必要な薬がある

検査の催促がくる

動物病院の医師から犬フィラリア症を予防する時期になって、検査をして予防薬を飲ませましょうとはがきが来ることがあります。

これで命を落とした犬もいて、怖い病気だと思ってしまいます。犬フィラリア症は、寄生虫が心臓に寄生することで起きますが、これはそうめんみたいに細い虫で、最長30センチになります。また、フィラリアの幼虫は目に見えないぐらい小さく、蚊がフィラリア感染犬の血を吸うと、ミクロフィラリアを一緒に吸い込み、その蚊が再びほかの犬の血を吸うとき、成長した犬フィラリア幼虫が唾液と一緒に皮膚に入り込みます。そして犬の中を移動して成長し、最後に心臓に到達して成虫になるのです。

実際感染してもすぐに症状は出て来ないですが、小さい動物の小さい心臓に何匹も成虫になれば、心臓からうまく血液が流れなくなってきます。そして、このフィラフィアの遒病は5年もあり、その間症状が出てくることがあり、成虫を退治すればいいのでは?と思ったりしますが、成虫退治はとても大変。

まず成虫駆除剤を使う方法がありますが。これは成虫が一度全部死んで師編むので、血管が詰まるケースがあり、とても危険。そしてもう一つは麻酔をかけ特殊器具を心臓に入れ、犬フィラリア成虫をとる方法。ですが、熟練した技術が必要となります。なので犬フィラリアが成虫になる前、予防策をするのがとてもいいわけです。

余計にお金がかかることも

1年中蚊にさされないことは不可能です。大事なことは蚊に刺されても犬フィラリアが心臓まで来ないようにし、確実に予防するということ。フィラリア検査で代表的なものは血液検査の直説法で、これは採決の血液検査でフィラリアがいるかどうか調べます。

この検査は一般的に費用は1,000~1,500円。稀に7千円かかったといった方もいますが、おそらくフィラリア以外にアレルギーがあれば、金額が増えます。

人も一緒ですが、調べる項目が多ければお金がかかるのです。

あらかじめ余分に持っておけばいいですね。

ネクスガード効果サービスドットコムTOPへ

ページ上に戻る