検索

フィラリアの薬は診察で診断してもらってから

放置すれば危ない病気

犬フィラリア症は、犬糸状虫という名の寄生虫が心臓に寄生する病気。そう面ぐらいの太さで長さは30センチもある細長い虫が心臓に入って、血液循環が悪くなって、いろいろな全身症状が起き、死に至ったりします。

蚊が運び屋となり、犬からいぬへ感染しますが、最近は犬糸状虫は稀に猫に感染して、致命傷になることも。そして人にも感染するケースがあり、猫は犬と異なって、心臓より肺に問題が起きるといわれてます。

犬フィラリアに感染してもすぐには症状が出なくて、小さい動物の小さい心臓に何匹か寄生するようになれば、心臓の動きが悪くなります。そして、呼吸が荒くなったり、散歩に行きたがらなくなったり、血の尿が出てしまうなどみられます。血液の流れが悪くなり、脳貧血を起こし湿疹氏突然倒れたりして、放置すれば命にもかかわるのです。一番いいことは蚊に刺されないこと。ですが、実際それが難しいのは、人手もそれができないことからよく分かります。地球温暖化かもしれず、最近冬も蚊を見ますが、人も室内で刺されたりしアM洲。蚊に刺されても、心臓に犬フィラリアの幼虫が来る前に駆除すればいいわけです。

しばらく投薬を続ける

もう蚊の季節でも、去年の薬があれば大丈夫と思っていても、それは間違い。犬フィラリア症の薬は必ず獣医師による検査誤投与しなくてはならない薬で、昨今しっかり投与できてなかったり、しっかり吸収できなかったり、冬刺されて実際感染していたら、薬の投与でショックが現れたりもします。

そして、犬フィラリアが心臓にいて、ミクロフィラリアを生むと、少量の血液を顕微鏡でM荷れば小さいミミズみたいなミクロフィラリアを直接観察することが可能。もしもこれが見つからなくても犬フィラリアが存在してる証拠を見つけ出す検査キットがあって、正しい診断を下せます。

予防薬墓が出てから蚊の季節が終わって1か月後まで続け、投薬を始める前、犬フィラフィア症にかかってないことを確認する血液検査が必要に。

安心していていいわけではないということがわかります。

ネクスガード効果サービスドットコムTOPへ

ページ上に戻る